TOP
  ホーム >> つつじが丘BLOG >> ブログ再開について

つつじが丘BLOG

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link つつじが丘接骨院BLOG つつじが丘接骨院BLOG (2018-12-14 5:29:20)

feed ブログ再開について (2015-11-13 18:35:57)

いつもこのブログをご覧いただきありがとうございます。

3か月前の更新時に、

このブログを終了させていただきますということで案内させていただきました。


ただ、その後もこのブログを読みましたという方から、

たくさんのご連絡をいただいています。

それこそ、北は北海道から南は沖縄まで、

たくさんの方からご連絡をいただき感謝しています。


もう、ブログは終了したので、

このような連絡はないだろうと考えておりましたが、

毎日多くの方から、ご連絡をいただいてくことを考えると、

やはり、ブログを再開させていただいて、

少しづつですが、

シンスプリント、オスグッド、シーバー病、種子骨障害、へバーデン結節、足底筋膜炎における、

装具療法の効果をもっと知っていただこうと考えなおしたところです。


専門外来を開設して、もう10年になります。

その間、いろいろな患者さまと相対してきました。

患者さまのそれまでの経過や不満など、いろいろなお話しを聞かせていただきました。


シンスプリント、オスグッド、シーバー病、種子骨障害、足底筋膜炎には、

たくさんの治療法があります。

鍼治療、マッサージ、ストレッチ、テーピングなど、本当に様々です。

しかし、これらの治療法などと比較しても、

即効性、通院回数の少なさ(基本的に1回のみ)、再発の少なさなど、

どの項目を比較していただいても、

装具療法がベストの選択であると断言できます。
(装具は基本特許が成立しているので、他では製作することはできません)


先日、来ていただいた方のビデオを作りました。

当院のHPでも公開していますが、せっかくですのでこの場で公開させていただきます。




このビデオに映っているお子さんは2か月ほど前からシンスプリントを患っています。

痛みのために、もう1か月は走ることができないでいる状態です。

もちろん、地元でも治療されていたようですが、

なかなか結果が現れないということで、当院に来ていただきました。


装具を製作して、当院の前の歩道を全速力で走ってもらっています。

ちなみに、下り坂でアスファルトという、

シンスプリントの痛みのもっとも発症しやすい状況での試走です。

見ていただければわかりますが、装具を装着することで、何の痛みもなく走れるようになっています。

このまま装着しながら練習をすることで、しっかりと治ってくれるはずです。


続いて、シーバー病の患者さまのビデオです。

このお子さまは、

シーバー病なのにもかかわらず、

来院された日は、踵に体重がかかると痛むということで松葉つえをついて来られました。

やはり地元でテーピングやマッサージ、電気治療などをされていたようですが、

痛みが取れないということで当院に来られました。





装具を装着すると、

ご覧のように踵に体重をかけて普通に歩くことができるようになりました。


これらの効果は、装具療法だからこそ得られる効果です。

これからは不定期になりますが、

ブログを通じて当院の装具療法について発信させていただきたいと思っています。



『シンスプリント シーバー病 オスグッド病 種子骨障害が治らない!』
『スポーツをしながら完治させたい!』
シンスプリント シーバー病 オスグッド病でお悩みの方は
『つつじが丘接骨院』にご相談下さい。
治すための治療法と症例数が圧倒的に違います!

バナー原案つつじ88×31 (当院のホームページです)

無題ラボバナー (装具製作ラボ東京のホームページです)

兵庫県三田市つつじが丘南3-1-12   つつじが丘接骨院
東京都渋谷区上原1-36-14   装具製作ラボ









execution time : 0.086 sec